Home > Archives > 2009-10

2009-10

蜀軍戦績を発表 倒した武将1位は張郃

  • 2009-10-31 (土)
  • 主要
  • 作成者:hal
  • このエントリをはてなブックマークに登録

蜀軍が戦績を発表。気になるその中身は

蜀漢丞相府は14日、論功行賞のため自国将軍の戦績を集計し、発表した。
集計期間は、先主劉備氏が挙兵した光和7年から現在まで。勝率1位は趙雲氏、罠にはめた回数は諸葛亮氏と予想通りの結果。
また、倒したことのある敵将の1位は、魏の張郃氏で、同率2位の他の武将(各1回)にトリプルスコアをつける3回。同氏が戦歴が長く大量の経験値を保有するにもかかわらず
「劉辟斬ったくらいで調子に乗って襲ってきたので格の違いを思い知らせてやりました(趙雲氏)」
「目立ちたがりらしく、長坂橋で待機してしたらあっさり突っ込んできた(張飛氏)」
「腕に自信のない私でも連弩乱射で楽勝でした(楊儀氏)」
等挑発の容易さで乱獲された模様。
なお、「なぜ同じ人物が何回も倒されるのか」とういう至極当然の疑問について、蜀軍内ではなぜか誰も言及していない。
この点について魏の軍事責任者司馬懿氏は「これがラピュタの科学力だ」と発言しているが、発言の意図は不明。

集計を担当した丞相府馬謖氏のコメント
「そんな張郃を倒せなかった人のこと、時々でいいから…思い出してください」

関連記事

ドラゴンクエスト9:倒したモンスター1位は「メタルキング」1億1300万匹 “国勢調査”発表

奇行は化学物質原因? 来年度から30万人調査

多発する奇行。原因究明のため大規模な調査が始まる

宮中官吏らの奇行が、化学物質を原因とする可能性があるとして、司空府は来年度から、陳羣氏を座長とするプロジェクトチームが同府官吏に加え両親や子ども30万人を対象とした調査に乗り出す。

宮中での奇行が増加しだしたのはここ数年。特に曹操氏が長を務める司空府では

  • 裸で太鼓を叩き出す
  • 府内の鏡を片っ端から破壊する
  • 「君と余だ」ともちあげると突如机の下に潜り震えだす

等所属官吏の奇行が多発、たまりかねた府内の綱紀粛正を担当する陳羣氏が調査を開始した格好だ。

プロジェクトチームは、司空府内および所属官吏の自宅を対象とし、食物・医薬品・衣類・建築素材・事務用品などあらゆる分野に用いられる物質を検証するほか、官吏とその家族にも面談調査を行い、3年程度で結論を出したいとしている。

陳羣氏は「これは時間との戦いだ。これ以上の奇行の横行には耐えられない。私が発狂して奇行に走る前に原因を突き止め排除する。ついで郭嘉も排除する。」と意気込んでいるが、関係者からは「そもそもトップが奇行の総合商社なのだから無理もない(孔融氏)」など否定的な意見も散見される。

五石散を愛用し薬品・化学物質に詳しい何晏氏のコメント

「音楽にノりすぎで脱いでしまうこと、

鏡を見るのが嫌で割ってしまうこと、

机の下でガクプルすること、

それぐらい望んでもいいじゃないですか?」

関連記事

「引きこもり」など化学物質原因? 来年度から30万人調査

大物軍略家『くうじょう!』を批判「空虚だ。不気味。気持ち悪い」

  • 2009-10-29 (木)
  • 芸能
  • 作成者:玄鵬
  • このエントリをはてなブックマークに登録

大物軍略家の司馬懿先生が「この作戦作ってる人も使ってる人々も不気味。そんなに戦闘イヤなのか? この気持ち悪さは女装衣裳にも通じるものがあるな」と発言していることが明らかになった。

『くうじょう!』は、我らが大漢帝国軍の諸葛丞相が戦略的撤退を図るため西城から糧秣を搬出しているところに、魏の司馬懿氏の大軍に襲い掛かられたときに使った計略。わざと城門を開け放って、楼上で琴を弾いてやると、不審に思った敵は攻撃せずに撤退するという算段だ。手勢が少ないにもかかわらず、損傷を抑えて敵を追い払う方法として人気を呼んでいる。

この計略にまんまと引っ掛かった司馬懿氏は、どのような感想を持ったのだろうか。
「開け放たれた城門と楼上の琴の音を聴く。空虚だ。兵も将も民も馬らしきものも何もない。ちょっとした童子がいるだけ。この作戦作ってる人も使ってる人々も不気味。そんなに戦闘イヤなのか? この気持ち悪さは女装衣裳にも通じるものがあるな。原作の趙雲の『くうじょう!』の話を聞いてみたらまァまァのほほえましいほのぼの策略だ。原作パクんなよ!」(弊紙独自調査)

どうやら、してやられた感が強かったのか司馬懿先生には相当不評だったようである。
もともと空城の計は、趙雲氏の計略の剽窃なのではないかという疑惑もある。今回の件は、大物の発言だけに物議をかもし出しそうである。

関連記事

人気漫画家『けいおん!』を批判「空虚だ。不気味。気持ち悪い」 – ロケットニュース24(β)
人気漫画家『けいおん!』を批判「空虚だ。不気味。気持ち悪い」 – livedoor ニュース
空城計 – Wikipedia

婚活に新しい風、たきぎ取り婚活

  • 2009-10-26 (月)
  • 社会
  • 作成者:玄鵬
  • このエントリをはてなブックマークに登録

結婚活動、略して「婚活」が大きな話題となっている中、日常生活で結婚相手を見つける新しい方法が注目を浴びている。

資料写真:
たきぎ
愛の炎を燃やせ

「日常生活にも出会いはありますよ」
そう語るのは、たきぎ取りをしていた20歳以上も年下の女性をゲットした張飛、字は益徳さん。
張飛さんは付近の林を散策していたところ、たきぎ取りをしていた当時14歳の女性と出会った。「衝撃的な出逢い」だったというとおり、一目見て彼女に強く惹かれた張飛さんが声をかけてみたところ、素性もしっかりしていることにも魅力を感じてその場で結婚を申し込んだ。結婚は勢いだという持論に違わず、張飛さんはプロポーズの返事を聞く前に結婚の準備を進めるスピード婚だった。

一見出会いには繋がりそうも無いたきぎ取りにも、結婚のチャンスは転がっていることを教えてくれるエピソードで、「あんな髭ぼうぼうのむさ苦しい男でも、そんな少女をゲットできるのか」という希望を与えてくれる。
まだまだ婚活ブームは続きそうだ。

勢いある婚活に定評のある曹丕さんのコメント。
「『結婚は勢いだ』とは至言である。男なら七歩のうちにプロポーズすべきだ。」

関連記事

婚活ナビゲーター | 現役社員が語る「婚活」
張飛と曹操は親戚? – 三国志博物館集解

黄巾賊敗訴 6億7千万銭支払い請求棄却

  • 2009-10-24 (土)
  • 主要
  • 作成者:hal
  • このエントリをはてなブックマークに登録

戦況に大きな影響を与える妖術。発案者は誰なのか。使用に法的保護はあるのか。妖術紛争に初の司法判断が下った。

人気反乱軍「俺たち黄巾賊」のメンバー兼マネージャーの張宝氏が、蜀漢丞相府の諸葛亮氏に対し、同氏の使用している妖術は自己の著作権侵害に当たるとしていた訴訟の判決で、洛陽地裁は22日、黄巾賊側の妖術使用差し止め請求と著作権料6億7千万銭の請求を棄却する決定を行った。

張宝氏は中原で活動する反乱軍「俺たち黄巾賊」のサブリーダー。霧の中から兵士を出現させるなどの妖術で戦果を挙げていたが、蜀漢丞相の諸葛亮氏が赤壁や隴西で妖術を使用していることに対し、自己が原作者南華老仙氏から譲渡された術の著作権侵害に当たるとして使用の差し止めと著作権料の支払いを求める訴訟を起こしていた。

洛陽地裁の橋玄裁判長は判決文で、「霧の中から兵士を出現させる術は殷周戦争時代から存在している。また原告側が主張する術の原作者南華老仙なる人物は実在が確認できず、術がオリジナルであることを認定することはできない」と指摘し、請求を棄却した。

被告の諸葛亮氏は「当方の主張が通ってほっとしている。司法の適切な判断だ。」と決定を歓迎するコメントを発しているが、原告の張宝氏は「司法が孔明の罠にかかってしまったことは非常に遺憾。全国の妖術師のためにもこのまま引き下がるわけにはいかない。」と即座に控訴する構えだ。

妖術に詳しい中華仙人協会理事佐慈氏のコメント

「あれ、スモークたいて伏兵してるだけなんだけど」

関連記事

GLAY:勝訴 元事務所に6億7千万円支払い命令

Home > Archives > 2009-10

ページ
Tag Cloud
参加中
あわせて読みたいブログパーツ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 三国志(歴史)へ twitter Follow me/諸葛亮
メタ情報

Return to page top