Home > 社会

社会 Archive

創作文字受理されず 最高裁へ

改名を巡る攻防、クライマックスへ

 程昱と改名した程立氏の改名届を巡り、許昌高裁が「昱」の字は存在しないとして、申し立てを退けたことを受け、同氏が4日、洛陽の最高裁に抗告した。

 事件の発端は今年2月。程昱氏が許昌氏役所に改名届けを出したところ「昱の字は存在しないため受理できない」として不受理処分をしたことが発端。同氏は審判を申し立てたが許昌地裁に続き許昌高裁も同様の判断をし、異議を棄却していた。このため、程昱氏は11ヶ月経った現在も戸籍上は「程立」のまま。

 程昱氏は「『昱』の字は丞相からいただいた名誉ある字。存在しなければ登録すればいいではないか。司法の適切な判断を期待している。」とコメントしている。

 

魏国の財政を掌る大司農卿恒範氏のコメント

「こんなことに税金使うのやめてくれないかな」

関連記事

玻南ちゃん両親 最高裁へ抗告

玻南(はな)ちゃんダメ?…DQNネームが受理されず、最高裁へ

市町村長の処分不服申立審判に対する抗告棄却決定に対する許可抗告事件裁判例

仕分けで注目「りっくんランド」人気急上昇

「りっくん」の愛称で親しまれる呉の重鎮陸氏。歳出削減のための事業仕分けから思わぬブーム到来?

 孫呉政権で軍事の中核を占める陸氏の資料館「りっくんランド」(揚州会稽郡)の人気が急上昇している。近々行われる同政権の武昌への遷都財源確保のため、同資料館への財政支出が打ち切られる見込みであることから、駆け込み需要が発生しているようだ。

 「りっくんランド」は陸氏にまつわる物品を収集・展示している同氏の広報施設。「大将のことをよく知ってもらい、軍の結束を固めるため」として呉政府から年約13億銭の運営補助を受けているが、昨月から行われている武昌への遷都財源確保に関する会議(通称:事業仕分け)で翌年度から支出廃止の方針が決定された。

 ランドの来場者は、これまで休日4~5人、平日2人程度だった。しかし、24日の事業仕分け後に急増。28日の土曜日は1380人、29日の日曜日は2049人と2千人を突破。今月2日は平日でも323人を記録した。

 「事業仕分けで存在を知って来ました」と話すのは江陵在住の20台の女性。柴桑から実家の会稽に帰省中という30台の女性は「りっくんと聞き来ずにはいられなかった」と話す。また、建業から訪れた姉妹などの「りっくん・・・。ハアハア」といった声も目立つ。

 ランドの広報担当者陸凱氏は人気急上昇について、「メディアに取り上げられた効果」と分析。「わが一族のことをたくさんの人に知ってもらえるのはありがたい。しかしそれにしてもショタ多いな」と話している。

 

同盟国蜀漢で内政を担当する費禕氏のコメント

「歴女TUEEEEE! ・・・。うちもショタキャラ作るかな。」

関連記事

仕分けで注目「りっくんランド」人気急上昇 陸自広報センター

被告人に裁判長「むかつくんだよね」

議論を醸しつつも順調に進んでいる裁判員制度。しかし今回ついに問題噴出・・・、ではなく裁判官に問題があった話

 洛陽地裁で19日に行われた裁判員裁判で、質問に答えない被告に魏皇帝の曹丕裁判長が「むかつくんだよね」と声を荒げ、裁判員に制止された。

問題となった裁判は食客の傷害事件に連座して起訴された曹洪被告の第二回公判。

 午前中の被告人質問で曹丕裁判長が「昔私に金を貸さなかったのは間違いだと認めますか」と尋ね、「お金は大事だ。間違ったとは思っていない」と答えた。また「捕まったのは運がなかったと思いませんか」「相手が皇帝になるとは思っていなかったので仕方ない」などのやりとりがあった。

 曹丕裁判長はさらに「偉大なる曹一族にふさわしからぬ不行状だ」「君のような守銭奴は死ねばいい」などとたたみかけ、曹洪被告が無言のままでいると、「むかつくんだよね。昨日から聞いていて」と、大声で叫び、曹洪被告に斬りかかろうとしたところを同席していた裁判員から「今日はもうそのへんで・・・」と制止された。

 曹丕裁判長は以前曹洪被告から借金を断られたことがあり、「いつか殺してやる」と周囲に漏らしていたとされ、今回の一件はそれが噴出した模様。

 

ツケを強要したことがきっかけで仕官するなど借金の踏み倒しには定評のある潘璋氏のコメント

「断られて裁判で恨みを晴らすなんて器の小さい男だ。そもそも断られた時点で奪えばいいじゃないか」

関連記事

強姦致傷被告に裁判員「むかつくんですよね」

不屈の挑戦 950回目の正直?

資格試験ブーム到来。南蛮にも文明の波が訪れた?

資料写真:
三国志大戦3 群雄042 C董荼那
アギュポー!

 益州南部の雲南で、戦闘用乗象免許の筆記試験に落ち続けていた男性が950回目の挑戦で合格した。

戦闘用乗象免許は益集南部で用いられている生物兵器の扱いに関する資格。象は用法を誤ると味方を踏み潰す等弊害を生むため、戦闘用乗象に関する法律で資格制になっている。     

男性の得点は合格ラインぎりぎりの60点。4年前から毎日のように受け続け、受験料だけで500万銭以上掛かったという。

 雲南では同地方を実効支配する孟獲氏が将兵の質量ともに勝る蜀軍に対抗するため、配下の将兵に同資格の取得を推奨している。しかし同地方の住民は試験はおろかそもそも読み書きすら満足にできないため、取り組みは難航している模様。今回合格した男性も「今回は○×のカンが冴え渡った。1/2が30個だから確率は・・・、・・・・・、・・・・・・・・。??? 1/60?」と試験の実効性に疑問の残るコメントを発している。

 

自らも試験に挑んだが挫折した孟獲軍将校董荼那氏のコメント

「アギュパ、ピパピホピペペペ。ポラギュパラポ(翻訳不能のため原語でお伝えしています)」

関連記事

950回目の正直

「きみもこんなの着る?」女装男出没…五丈原

  • 2009-11-10 (火)
  • 社会
  • 作成者:玄鵬

雍州五丈原で会戦中の司馬懿将軍率いる魏軍陣営付近で、女性用衣裳を身に着けた男が現れ、指揮官の司馬懿氏に向かって「きみもこんなの着る?」などと声をかけ猛ダッシュで逃走するという騒ぎがあった。

資料写真:
スク水
スク水。

魏軍参謀によると、女装男は着物だけでなく髪飾りや装飾品まで入念に身につけ、どこからともなく司馬懿将軍の陣営に現れたという。これを見た司馬懿氏は激怒し、真意は不明ながら「まさか・・・読み切られていたというのか・・・」との呟きとともに、直ちに男を捕らえようと逸ったが、明帝からの逮捕許可を得ることは出来なかったため、男はそのまま逃げ去った。

男は身長1メートル90cmもある長身で、手には扇のようなものを持っていたという。魏軍では、このような男を見かけても相手にせず、決して討って出ないよう呼びかけている。

関連記事

「みんなも着る?」スクール水着男出没…さいたま : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
痛いニュース(ノ∀`):「みんなも、こんなの着る?」 小太りツインテールのスクール水着男、あらわる→女子高生らパニック…さいたま

ホーム > 社会

ページ
Tag Cloud
参加中
あわせて読みたいブログパーツ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 三国志(歴史)へ twitter Follow me/諸葛亮
メタ情報

Return to page top